とあるWEBマーケッターの日常

WEB集客や販売、マーケティング、コピーライティングについて書くブログ

LINE@ 集客

LINE@で集客や販売、売上アップをする方法

投稿日:

【コピーブロガー】投稿記事の上に一括表示

LINE@を使った集客と販売、売上アップの戦略

「LINE@を使って売上を伸ばす」
販売戦略を活用している人が

  • ネットビジネス
  • リアルビジネス

関係なく、最近では多く見かけるようになりました。

ブログやホームページを見てみても

「LINE@で友だち追加」という
表示がちらほら目に入ります。

当ブログも例に漏れずですが、

今回は、自分なりに
LINE@をビジネスで活用するための
基本的な理論について書き残しておきます。

LINE@を集客や販売に活かしたい人
参考にしてみてください。

LINE@はコミュニケーションを円滑化する

まず、LINE@の役割ですが、

一番、強みとなるのが
ダイレクトにリアルタイムなコミュニケーションが
取れるという点です。

メッセージが届くと
プッシュ通知がいくため

開封率が高くて気づかれやすく、
また、メールと比べて到達率も高いため

確実に、メッセージを送ることができます。

また、お客さんと近い距離感で
コミュニケーションができるので

関係性を築くのに役立つといった
大きなメリットがあります。

ビジネス全体の流れで見たLINE@の役割

どんなビジネスも全体像を俯瞰すると、

「売上=集客×教育×販売×商品」という

売上アップの公式があてはまります。

それぞれ、公式を分解すると以下のような役割があり、
これらの数値を高めていくことで
売上や利益が伸びていくという考え方です。

  • 集客:お客さんをあつめるパート
  • 教育:認知や商品の価値を伝えるパート
  • 販売:成約や購入を促すパート
  • 商品:何を売るのか?単価などを設定するパート

※より細かく話すと、上記にリピート率の項目が追加される

上記の公式に基づいた上で
LINE@の役割を考えてみると

特に「教育」の部分
LINE@の役割が強くなるのですが

実は、「集客」「教育」「販売」
この全てのパートで使えてしまうのです。

例えば、LINE@のシェア機能などをつかえば
新しいお客さんを集客できますし、

1:1トークや全体メッセージを使えば、
商品やサービスの価値を伝えることもできます。

また、同じく1:1トーク機能を使って、
商品の価値を理解してくれた見込み客に

来店やセールスの促しをして、
販売や成約へと導くことだって
できてしまうから

このLINE@というツールは
かなり、ビジネスで役に立つのです。

LINE@の強みとメリットを活かした集客と販売

LINE@最大の強みである、
ダイレクトにリアルタイムな
コミュニケーションが取れる機能を使えば

お客さんに商品の価値を伝えて、
来店や購入を促すプッシュ型の
アクションを起こしていくことができますし

アンケート機能などを使えば、
ニーズをリサーチして調べることが可能です。

また、相談窓口として活用すれば、
近い距離感で、お客さんのニーズを
直接、聞くこともできます。

ホームページやブログなどに集客し、
そこで興味を持ってもらえたなら

LINE@でさらに密なコミュニケーションをとって
より商品やサービス、販売者のことを
知ってもらうという活動を積極的に行っていけば

きっとLINE@は売上アップの
強い味方となってくれます。

LINE@を使った集客販売戦略のまとめ

以上、私が思った
LINE@を集客や販売に活かすための
考えをまとめました。

この考え方は、
ネットビジネスやリアルビジネス関係なく

いろんなジャンルで行えます。

アフィリエイトだろうが、
なんだろうが応用ができてしまうので

積極的に採用してみましょう。

また、これからは
より関係性が重視される時代となります。

ですから、リアルとネットの境目が
無くなってきているのです。

だからこそ、
この方法をマスターすることで

関係性を深めるような
コミュニケーションが効果的に行えます。

ただし、あくまでもLINE@はツールなので

お客さんに価値を提供するという
本質を無視して、ツールだけ使っても

全然、効果がない…ということは
1つ注意点として覚えておきましょう。

より詳しいノウハウや戦略が知りたいと思ったなら
ぜひ、僕とLINEで友だちになって質問してみてください。(^^)

それではまた!

【コピーブロガー】336px

【コピーブロガー】336px

-LINE@, 集客
-,

Copyright© とあるWEBマーケッターの日常 , 2017 All Rights Reserved.